“世界最高級GK”への復活 大批判の昨季からNo.1クリーンシート選手へ

レアルのクルトワ photo/Getty Images

ノイアーと並んだ

昨季の大批判はどこへやら。ベルギーの巨人GKティボー・クルトワが再び誰もが認める世界最高峰GKへと華麗な復活を遂げた。

今季のレアル・マドリードは序盤から堅守が1つのキーワードになっていたが、それはリーガ・エスパニョーラが再開された今も変わらない。

そのチームの守護神を務めるクルトワの評価も上昇を続けている。先日にはエスパニョールを1-0で撃破。その前のマジョルカ戦も2-0と、レアルにしては少々地味なスコアではある。しかし、このクリーンシートこそ今のレアル最大の強みだ。

スペイン『MARCA』もクルトワの成績を称える。これでクルトワが今季リーグ戦で達成したクリーンシートの数は15。バイエルンGKマヌエル・ノイアーと並び、欧州五大リーグ最多の数字となっている。

とはいえブンデスリーガはすでにシーズンが終了。クルトワにはノイアーを抜いて単独1位になるチャンスがある。2位にリヴァプールGKアリソン・ベッカー、アトレティコ・マドリードGKヤン・オブラクが14回で近づいてきているのは気になるところだが、クルトワはクリーンシート数No.1のまま今季を締めくくることができるのか。

もっともクルトワの場合は29試合をこなして15回のクリーンシートだが、リヴァプールのアリソンはたった22試合で14回ものクリーンシートを達成している。ペース的にはアリソンの方が優秀とも言えるが、いずれにしても昨季からクルトワの評価が復活したのは確かだ。

銀河系軍団レアルとしては地味だが、手堅く勝ち点3を獲得しながら着実にリーガ・エスパニョーラ制覇へと近づいている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ