ついにハキミを超えた “爆速サイドバック”A・デイビスが最速スピード見せた

バイエルンのデイビス photo/Getty Images

数字で最速を証明する

バイエルンは16日にブレーメンと対戦し、1-0で勝利。驚異のブンデスリーガ8連覇を達成した。

メインの話題はもちろん8連覇なのだが、このゲームではもう1つ注目したい数字が出ている。

それはDFアルフォンソ・デイビスが記録したスピードだ。以前からデイビスのスピードは有名だったが、『ESPN』などによれば今回のブレーメン戦では36.51km/hのスピードを記録。これでドルトムントDFアクラフ・ハキミが記録した36.48km/hの数字を超え、詳細な記録をつけ始めた2013年以降のブンデスリーガでは最速となった。

もちろんハキミや他の選手がデイビスの記録を塗り替える可能性もあるが、現サッカー界最速の選手の1人とも言われていたデイビスがひとまずスピードランク首位に躍り出ることになった。

これまでは速いと言われながら数字が思ったほど伸びてこないといった印象もあったが、サポーターもスピード記録更新の結果に納得しているのではないだろうか。

19歳のデイビスは今季左サイドバックとして大ブレイクし、先日伊『TuttoSport』が発表したゴールデンボーイ2020候補にも選ばれていた。チームも無事に8連覇を達成することになり、デイビスにとっても非常に大きなシーズンとなったはずだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ