ゴールデンボーイ賞に1番近いのは誰だ 実力者揃いのランキングTOP10

ドルトムントのハーランド&サンチョは有力候補 photo/Getty Images

ブンデスリーガ組がすごい

先日伊『TuttoSport』は、ゴールデンボーイ2020の候補100人を発表した。

これは欧州で最も活躍した21歳以下の選手に贈られるもので、過去にはリオネル・メッシやウェイン・ルーニーら錚々たる面々が受賞してきている。

では、今年最もゴールデンボーイに近いのは誰なのか。現時点で100人の候補者が発表されているが、もう少し絞り込んで考えた方が分かりやすい。

そこで『90min』は、「ゴールデンボーイ賞に近い選手TOP10」なるランキングを作成。今の段階で誰が最も賞にふさわしいかを選んでいる。

10位:サンドロ・トナーリ(ブレシア/MF)

9位:ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード/FW)

8位:メイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド/FW)

7位:デヤン・クルゼフスキ(パルマ/FW)

6位:フェラン・トーレス(バレンシア/MF)

5位:アンス・ファティ(バルセロナ/FW)

4位:ロドリゴ・ゴエス(レアル・マドリード/FW)

3位:アルフォンソ・デイビス(バイエルン/DF)

2位:アーリング・ハーランド(ドルトムント/FW)

1位:ジェイドン・サンチョ(ドルトムント/FW)



さすがにブンデスリーガの二強には優秀な若手が揃う。1位と2位がドルトムント組で構成されているのも今年の特徴で、この2人のうちのどちらかが受賞する可能性は高い。

ヴィニシウス、グリーンウッド、ロドリゴらも得点力の高いアタッカーと認められているが、サンチョとハーランドを上回るには新シーズンのスタートから驚異的なパフォーマンスを見せなければならない。

果たして今年のゴールデンボーイ賞はこの結果通りに進むのか。サンチョVSハーランドのチーム内バトルの行方も楽しみだ。


●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ