15ゴール決めてもケインに次ぐ“2番手” スパーズの関心に納得できぬFW

スパーズからの関心も噂されるニアング photo/Getty Images

難しい2番手FW探し

トッテナムが長年探し続けてきたのが、エースのハリー・ケインの負担を軽減する第2ストライカーだ。

ソン・フンミンもケインの穴を埋められるが、さすがに1人では苦しい。トッテナムとしてはもう1枚くらい信用できる点取り屋が欲しいところだろう。

ただ、このミッションが非常に難しい。例えば現在のトッテナムは、フランスのレンヌでプレイするFWエムバイェ・ニアングに注目していると言われている。

ところが仏『L’Equipe』によると、ニアングはケインの2番手になることを快く思っていないという。

ニアングは今季全36試合に出場し、15得点を挙げている。中堅クラブ・レンヌでプレイしているアタッカーとしては十分すぎる数字と言えよう。

しかし、15得点挙げているアタッカーでもトッテナムでは2番手になってしまう。ケインが偉大すぎるため、トッテナムでセンターフォワード1番手になるのは極めて難しいのだ。

ケインのバックアッパーの立場にも不満を示さず、なおかつ二桁得点は狙えるだけの実力を持つ選手。トッテナムが求める2番手ストライカーの条件はこんなところだろう。この条件に見合う選手を獲得するのはなかなかにハードだ。

ニアングにとってはステップアップとなるが、果たしてトッテナムはセンターフォワードに新たな人材を獲得できるのか。ケインに代わる2番手が見つからない状況が長く続いている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ