“日本のメッシ”がまた増えた 衝撃3人抜きに世界「鎌田が日本のメッシだった」

左サイドから切れ込む鎌田 photo/Getty Images

オシャレすぎるドリブルに世界が熱狂

日本のメッシといえばマジョルカでプレイするMF久保建英だが、もう1人日本のメッシがいたのかと世界が衝撃を受けている。

その衝撃を与えたのは、フランクフルトで攻撃のキーマンとなりつつあるFW鎌田大地。13日に行われたヘルタ・ベルリン戦にも先発した鎌田は、62分に左サイドからドリブルで切れ込んで3人を華麗に突破。最後は冷静にアンドレ・シウバのゴールをアシストしてみせた。

シウバも鎌田のパスにヒールで合わせるオシャレなフィニッシュを見せており、崩しからフィニッシュまで全てがオシャレなプレイだった。その中でも世界が衝撃を受けたのは鎌田のドリブルだ。

SNS上でも鎌田のドリブルを絶賛する声が多く挙がっており、このところ鎌田は絶好調だ。

「今週のベストゴールなのでは?鎌田のメッシ風ドリブルから、シウバがバックヒールフィニッシュだ!」

「鎌田が日本のメッシだったんだ」

「鎌田が全盛期のメッシになった」

チームも4-1の快勝を収めており、ベストに近いゲームとなったのではないか。長谷部誠もフル出場を果たしており、フランクフルトで2人の日本人選手が躍動している。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ