S・ラモス&ファン・ダイクには及ばない チアゴ・シウバは世界最高だったのか

PSGでプレイしてきたチアゴ・シウバ photo/Getty Images

世界最高と呼ばれた時期もあったが

現世界最高のセンターバックにはリヴァプールのフィルジル・ファン・ダイクが挙げられるが、少し前ならレアル・マドリードのセルヒオ・ラモス、もう少し前ならパリ・サンジェルマンのチアゴ・シウバも世界最高級と絶賛されていた。

しかし、チアゴ・シウバの実力はこの2人と比較してどうだろうか。チアゴ・シウバもかなりの実力者ではあるものの、ややパリで伸び悩んだ印象があるかもしれない。何より2人と違い、パリではチャンピオンズリーグを制覇できていない。

仏『RMC Sport』によると、パリで長くプレイしたジェローム・ロタンもチアゴ・シウバのメンタリティの部分に少しの疑問を抱いている。ラモスやファン・ダイクほどの影響力はないとの考えか。

「彼がラモスやファン・ダイクのようになることはないだろう。チアゴ・シウバは優れた選手だが、メンタリティに限界がある。選手に多額のサラリーを支払う場合、周囲の選手も変えることを期待するものだ」

ファン・ダイクは不安定だったリヴァプールの最終ラインをガラリと変えたと周囲への影響力も評価されており、ラモスもレアルでは絶対的なリーダーとしてチャンピオンズリーグ3連覇に導いた。

何よりラモスには他を寄せ付けぬ勝負強さがある。それはチアゴ・シウバも持ち合わせていないものか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ