ポグバの“スーパーサブ起用”もあり? マンUの中盤はどう変わるのか

マンUのポグバ photo/Getty Images

注目のブルーノとの共存

リーグ再開後のマンチェスター・ユナイテッドで大きな注目ポイントとなるのが、MFポール・ポグバとMFブルーノ・フェルナンデスの共存だ。

ポグバはサポーターから批判を浴びる機会も多いプレイヤーだが、それでも今のマンUで1、2を争う実力者なのは間違いない。指揮官オーレ・グンナー・スールシャールも怪我から戻ってきたポグバを何とか活かしたいはずだ。

しかも今後はスポルティング・リスボンから加わったフェルナンデスと上手く共存させていかなけれはならない。すでにフェルナンデスは攻撃的MFとしてサポーターのハートを掴んでおり、フェルナンデス&ポグバのコンビでチャンス量産をサポーターは求めている。

問題はどう2人を起用するのか。英『Manchester Evening News』は、大きく分けると3つの起用プランがあると紹介する。

1.[4-2-3-1]

このシステムを選択するならば、ダブルボランチをポグバと潰し屋のスコット・マクトミネイが担当し、トップ下にフェルナンデスが入ることになる。ポグバは攻撃的に、マクトミネイは守備的に振る舞うことになり、今よりも攻撃的な姿勢となるのは間違いない。

2.[4-3-3]

こちらの案ではポグバをお得意の左インサイドハーフに配置し、右のインサイドハーフにフェルナンデスを起用。アンカーの位置にマクトミネイが入る。左のインサイドハーフはポグバの能力を最大限活かせる位置とも考えられているため、このプランを選ぶのも手だ。

しかしフェルナンデスが右のインサイドハーフをこなせるかは未知数とも同メディアは伝えており、両方のベストを引き出せるかは分からない。

3.ポグバをスーパーサブ起用

これは驚きのアイディアだが、マンUはリーグ戦が新型コロナウイルスの影響で中断となるまで上手く戦えていた。

マクトミネイ、フェルナンデス、調子を上げてきたフレッジの3人起用が当たっていたからだ。守備面を意識するならば、この3人を継続するのも1つの案だ。

ポグバが納得するはずはないが、得点が欲しい時にスーパーサブとして起用するプランも同メディアは考えているようだ。



果たしてスールシャールは最適解を見つけられるのか。ここの起用案がヒットするかしないかは、リーグ再開後のマンUを大きく左右するポイントとなりそうだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ