“NEXTジェラード”と呼ばれた男も26歳 今季無得点のMFの逆襲あるか

チェルシーのバークリー photo/Getty Images

チェルシーへの移籍までは良かったが……

イングランドのサッカーファンが待ち続けているのは、スティーブン・ジェラード、ポール・スコールズ、フランク・ランパードの後継者となり得るMFの登場だ。

3人ともイングランドと世界を代表する名MFで、彼らがいた頃のイングランドは黄金世代と評判だった。

そう簡単に後継者が見つかるはずはないが、その候補者の1人として期待を集めていたのが現チェルシーMFロス・バークリーだ。

185cmとサイズもあるパワフルなMFバークリーは、エリア外からゴールを狙えるだけのパンチ力とテクニック、ドリブルでボールを運ぶ推進力を備える実力者だ。

英『Sportbible』によると、かつてエヴァートンでもプレイした現アクリントン・スタンリーFC所属のDFマーク・ヒューズもバークリーをNEXTジェラードになれると思ったと語る。

「私は彼がエヴァートンのNEXTジェラードになれると思ったよ。彼を中心にチームを作ることもできるし、イングランドにとってジェラード以来最高のMFになれると思う」

ところが、気付けばバークリーも26歳。エヴァートンからチェルシーにステップアップしたところまでは順調だったが、現状はお世辞にもジェラード二世とは言えないものだ。

今季も怪我があり、リーグ戦では無得点だ。イングランド代表ではジェイムズ・マディソンやデル・アリなど次々と優秀な若手が出てきており、バークリーへの期待感はどんどん薄くなってしまった。

才能は確かなはずで、チェルシーも期待を込めてランパードが背負っていた8番をバークリーに任せている。その期待に応えているとは言えないが、バークリーはまだNEXTジェラードになれる逸材だとここから示せるのか。もう若手と呼べる年齢は過ぎてしまった。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ