「どうコントロールしようかと……」 宿敵の中でキャラガーが“最も恐れた男”

キャラガー(左)がエヴァートンで最も恐れたというファーガソン(右) photo/Getty Images

ダービー出場30試合の男が語る恐怖の相手

プレミアリーグで最もヒートアップするダービーマッチといえばどのカードだろうか。マンチェスターダービーにノースロンドンダービー、ビッグロンドンダービー……。しかし、そういった中でも特に有名なのはマージーサイドダービーではないだろうか。

リヴァプールとエヴァートンの地元2クラブが火花を散らすマージーサイドダービー。世界で最も盛り上がるダービーマッチが議論されれば、必ずといっていいほどこのカードは候補に挙げられる。それほどのビッグマッチだ。

そんなマージーサイドダービーをそのキャリアで何度も経験したのが、かつてリヴァプールで活躍したジェイミー・キャラガー氏だ。レッズ一筋のキャリアで彼が出場した同ダービーはなんと30試合。そんなレジェンドがエヴァートン戦で最も対峙するのを嫌った選手を明かしている。英『Daily Mirror』が伝えた。

「私が最もダービーで恐れていた相手は誰かって? それはおそらくダンカン・ファーガソンだよ。特に私がまだチームに加入したばかりの若手だった時は彼のことを恐れていたね。チーム内で彼をどうコントロールしようかと話し合ったよ。でも、ダンカンと対戦した最初のダービーでは得点を決められてしまったね」

キャラガー氏が指名したのは、かつてプレミア屈指の“悪童”として名を馳せたダンカン・ファーガソン氏(現エヴァートンコーチ)だ。現役時代は試合中にボールを奪いにきたポール・インスを投げ飛ばしたり、レンジャーズでプレイしていた際にはジョン・マクステイに頭突きを喰らわせ暴行の罪で禁固刑の処分を受けた問題児。身長193cmのビッグマンだったこともあり、キャラガー氏は最初この男にかなり気圧されていたようだ。

今だからこそ言えるライバルクラブで苦手だった選手の名前。キャラガー氏に恐れられたファーガソン氏にも同じ質問をぶつけてみたいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ