奇跡の夜の“陰の英雄” 8年前のバイエルン猛攻撃を1点でしのいだチェフ伝説[映像アリ]

PKを止めるチェフ photo/Getty Images

CL制覇を呼び込んだ魂の120分間

チェルシーは2011-12シーズンにチャンピオンズリーグを制したが、決して盤石な戦いではなかった。苦しい戦いの連続で、ひたすら守り続けて頂点に立ったとの印象が強い。

その中で忘れてはならないのが、守護神ペトル・チェフの働きだ。決勝のバイエルン戦では終盤にFWディディエ・ドログバが劇的な同点ゴールを叩き込んだことが話題となるが、バイエルンの猛攻を終盤まで1点に抑えたチェフの働きも極めて大きいものだったのだ。

UEFA公式もチェフが今月20日に38歳の誕生日を迎えたことを記念し、バイエルン戦のパフォーマンスを映像にまとめている。

今見ても、チェルシーは2点以上奪われてもおかしくない展開だった。それほど防戦一方で、1点に抑えたのが不思議なくらいだ。逆にバイエルンは詰めが甘かった。追加点を奪って確実にチェルシーを潰しておきたいところだったが、攻撃自慢の彼らはなかなかチェフを崩し切ることができなかった。

SNS上では、「あの夜の陰の英雄」、「忘れられない夜だ」、「最高のGKの1人」など、サポーターから8年前のことを懐かしむ意見が数多く寄せられている。

奇跡の連続のような展開でチャンピオンズリーグを制したチェルシー。ドログバも凄かったが、神がかっていたチェフも忘れてはならない。




●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ