C・ロナウドの“創造性”を甘く見るな ゴールだけじゃない圧巻のパスセンス[映像アリ]

ユヴェントスのロナウド photo/Getty Images

メッシとチャンスメイクの部分を比較されるが……

リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドが比較される際、違いの1つとして指摘されるのが「アシスト力」だ。

近年のメッシはチャンスメイクの部分でも大きくチームに貢献しており、ロナウドよりもアシストの部分で優れていると評価される。確かにプレイの幅が広いという意味では、メッシの方がプレイのバリエーションは豊富だ。

しかし英『GIVE ME SPORT』は、ロナウドのアシスト能力も極めて高いと評価する。ゴールマシーンとのイメージが強すぎるが、ロナウドはパスの精度も高い。創造性の部分が過小評価されているのだ。

ロナウドはゴール前でワンタッチゴーラーへと変化しているが、つまりはワンタッチの精度が高いということだ。攻撃を組み立てる中でワンタッチパスを出すこともあり、その精度も安定している。

マンチェスター・ユナイテッド時代にはウイングを務めていたため、クロスの質も悪くない。ロナウドのチャンスメイク力も過小評価するべきではないのだろう。ゴール前で待っている得点専門プレイヤーのような印象もあるが、やはり攻撃に関する全ての能力が高い。

この映像を見ても、それが分かってくるはず。相手DFのタイミングを外すパス、意表を突いたパスなど、ロナウドのセンスが光る。アシストの数ではメッシが上かもしれないが、ロナウドのこうしたセンスも見逃してはならない。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ