“NEWファン・ペルシー”に期待せよ マンUに現れた両利きの天才ストライカー

マンUで頭角を現したグリーンウッド photo/Getty Images

18歳で今季早くも二桁ゴール達成

将来、イングランド・プレミアリーグを支配するかもしれない若手ストライカー。そう聞けば、現時点で思い浮かぶのはチェルシーのタミー・エイブラハムやエヴァートンのリシャルリソンといったところか。どちらもプレミアでその実力を認められている有望株だ。

しかし、マンチェスター・ユナイテッドで頭角を現したワンダーキッドも忘れてはいけない。18歳のFWメイソン・グリーンウッドだ。2019-20シーズンにここまで公式戦14ゴール4アシストを記録し、チーム内での地位を確立している同選手。彼もまた、プレミアにおけるトッププロスペクトの一人と見て間違いない。

巷ではその得点力の高さから“NEWロビン・ファン・ペルシー”と呼ばれることも多いグリーンウッド。そんな若者の才能にはチームメイトもメロメロなようだ。マンUの同僚DFルーク・ショーはクラブ公式のインタビューにて、この18歳を次のように称賛する。

「メイソンはトップチームで素晴らしいファーストシーズンを過ごしているね。彼は明らかに本物のスコアラーだ。いつもスタメンに名を連ねているわけではないけれど、今季の彼の成績は素晴らしいよ。ゴールだけでなく、アシストも決めているからね。若手としては見事と言えるんじゃないかな」

「メイソンはまだ学ぶべきことがたくさんある。でも、懸命に仕事を続けて自分を磨き続ければ、彼は新たなロビン・ファン・ペルシーになることができるだろう。そうならない理由がわからないよ」

稀有な“両利き”のプレイヤーとして、マンUファンの間ではお馴染みのグリーンウッド。FKは左足、PKは右足と、どちらの足で遜色なくボールを蹴ることのできる彼にはショーも大きな期待を寄せている。

その圧倒的な器用さを武器に、マンUでメキメキとその実力を伸ばしてきているグリーンウッド。18が“ファン・ペルシー級”のパフォーマンスを披露する日はそう遠くないうちに訪れるかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ