レスターに次ぐミラクル!? デンバ・バが爆発した2011年の衝撃覚えているか

当時旋風を巻き起こしたニューカッスル photo/Getty Images

ニューカッスルがチェルシー上回る大躍進

今季も現時点で13位、昨季も13位、その前は10位と、ニューカッスルはプレミアリーグの中でも中堅〜下位のクラブという印象だろう。

しかし、そんなニューカッスルがとびきりの輝きを放ったシーズンが近年1度だけあった。想像が難しいかもしれないが、2011-12シーズンにニューカッスルは5位に入ったのだ。

2010年以降、ニューカッスルがプレミアの舞台で10位以下に入ったのはこの1度きりだ。そして当時のチームを引っ張ったエースの1人が、リーグ戦で16得点を挙げたFWデンバ・バだ。

中堅クラブのサプライズといえば、岡崎慎司も所属していたレスター・シティのプレミア制覇が印象的だが、デンバ・バはあのレスターに次ぐミラクルを見せたチームと胸を張る。

当時は開幕前にフランスから司令塔のヨアン・キャバイェも加わり、ニューカッスルには闘志と創造性の両方が備わっていたのだ。

「当時の夏、クラブは本当に獲得しなければならない選手を獲得した。クオリティだけでなく、個性の部分も見てね。キャバイェはその1人だ。フィールドの全てのポジションが重要だが、キャバイェのような6番タイプを抱えていれば違いを生み出せる。彼はアンビリーバブルだった」

「僕たちはマンチェスター・シティ、ユナイテッド、リヴァプール、チェルシー、アーセナルらがいる中で5位フィニッシュを果たした。直近15年で僕たちより上手くやったのは優勝したレスターのみではないかな。トップ5、6以外のクラブでここまで上手くやったチームはあっただろうか?」


英『Chronicle Live』によると、デンバ・バはこのように語っている。当時はチェルシーが6位と落ち込み、その隙を突いてニューカッスルが5位まで浮上したのだ。現在のニューカッスルからは想像もつかぬミラクルと言えよう。

デンバ・バはニューカッスルでの活躍もあり、チェルシーへ引き抜かれた。ニューカッスルが好調だったのはあのシーズンのみだが、キャバイェやデンバ・バらが暴れていた当時のチームを記憶しているサッカーファンも多いのではないだろうか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、「欧州サムライ伝説」。中田英寿、小野伸二、中村俊輔など……、欧州で日本人フットボーラーの道を切り開いたパイオニアたちの偉業を、貴重な写真とともに振り返ります。

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ