すでに視線は新天地選びへ ザルツブルクの新逸材が見据えるステップアップ

去就に注目が集まるショボスライ photo/Getty Images

「慎重に選ぶことにするよ」

ザルツブルクで躍動するNEWスターの目線はすでに次なる目的地へ向いているようだ。19歳のハンガリー代表MFドミニク・ショボスライが注目される自身の去就について語っている。

まだティーンエジャーでありながら、すでにハンガリー代表でデビューを飾り、ザルツブルクでも安定したプレイタイムを確保しているショボスライ。186cmと長身ながらハイレベルな足元のテクニックも併せ持つ選手で、現地では“トニ・クロースとセルゲイ・ミリンコビッチ・サビッチのハイブリッド”と評されることも多い。同クラブでアシスタントコーチを務めるレネ・マリッチ氏も「いずれ世界最高のセンターMFになるポテンシャルを備えている」と絶賛する選手だ。

そんな逸材MFを欧州5大リーグのクラブが放っておくはずもなく、この19歳には現在複数のビッグクラブが興味を示しているとされる。そんな中、この噂についてショボスライ本人が言及。ステップアップに向けて前向きな発言を残している。伊『calciomercato』が伝えた。

「移籍市場について話すのはまだ早いよ。でも、ミランは僕の獲得に興味があるみたいだね。移籍することとなれば、それは僕の運命だったということさ。唯一確かなのは、僕が自身のキャリアにおいて常に最適な選択をするということだ。セリエAは興味深いリーグだと思っている。プレミアとブンデスも同様だけどね。選択肢となってくれるチームはいくつかある。慎重に選ぶことにするよ」

すでにショボスライの中で、ステップアップは既定路線となっているようだ。ザルツブルクで伸びる新たな若き才能。争奪戦は必至だが、はたしてこの逸材MFを勝ち取るのはどのクラブか。移籍市場の開幕が待ち遠しい。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ