そんなカネを払えるわけがない マンUCEO、ケイン獲得の“2億ポンド”渋る

この夏の獲得が噂されるハリー・ケイン photo/Getty Images

やはり非現実的か

この夏、トッテナムのFWハリー・ケイン獲得を目指していると言われるマンチェスター・ユナイテッド。その値札は2億ポンドと言われており、これは実現すれば現在までの移籍市場で動いた最高額を記録する。

マンUはまた、ドルトムントのFWジェイドン・サンチョ獲得にも興味を示していると伝えられている。こちらも移籍金は1億ポンドに上るとされているが、マンUのCEOであるエド・ウッドワード氏は、これらの数字は非現実的であると主張した。英『Daily Mail』が伝えている。

「この夏の、個々のプレイヤーに関する数億ポンドの噂があります。私には、(これらの噂が)今スポーツが直面している現実を無視していると思えるのです。すべての人たちが直面しているチャレンジの大きさについて、幻想を抱くべきではありません。この夏の移籍市場では、私たちだけでなくすべてのクラブにとってもそうですが、通常のビジネスを行えないかもしれません」

いうまでもなく、ウッドワード氏が言及しているのは、新型コロナウイルスによる危機のことだ。マンUはその経済規模の大きさ、スポンサーからの多額の収入によって、このパンデミック下においても他クラブよりも大量の資金を使えるのではないかという見方がある。よってケインやサンチョだけでなく、アストン・ヴィラのジャック・グリーリッシュや、バーミンガムの若手ジュード・ベリンガムへの関心が盛んに報じられているのだが、どうやらウッドワード氏は財布の紐を締めるべきだと考えているようだ。

この深刻な経済危機にあって、史上最高額の移籍金が実現するのは、やはり現実的ではないのかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.250 戦術パラダイム最前線

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ