CLアトレティコ戦でコロナが蔓延!? 試合後に市内で感染急増

3月11日に行われたリヴァプールVSアトレティコ photo/Getty Images

リヴァプール市議会が調査へ

現在、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス。イギリスはその中でも感染拡大が深刻な国の一つで、死者はこれまでに判明しているだけでおよそ1万8700人。首相のボリス・ジョンソン氏も感染し、生命の危機にさらられる事態となった。

そんななか、3月11日に行われた、チャンピオンズリーグ・ラウンド16のリヴァプールとアトレティコ・マドリードの一戦が、コロナ蔓延の原因の一つになったのではないかという見方が持ち上がった。英『Sky Sport』や『Daily Mail』など、各メディアが報じている。

この試合には5万2000人以上のサポーターが集まったが、そのうちマドリードからやってきたのは約3000人。この時すでにスペインでは部分的な封鎖が行われている段階であり、彼らがウイルスを持ち込んだ可能性があるというわけだ。リヴァプール市内では、およそ1250件の感染が確認されており、そのうち270人以上が死亡している。

リヴァプール市議会は、リヴァプール大学とジョン・ムーア大学とともに、この試合の結果としてのCOVID-19の影響を調査すると発表。作業の完了および報告の時期は未定だという。

『Daily Mail』によれば、リヴァプール市長のスティーブ・ロザラム氏は、次のように述べている。

「スポーツイベントの直接の結果として、人々がコロナウイルスに感染したとしたら、それは起きるべきでないと信じているが、スキャンダラスなことだ」

「結果として感染曲線の増加が見られ、1200人がCOVID-19に感染している」

因果関係は現時点では明らかになっていない。この試合を最後に、イングランドではすべてのサッカーリーグが中断されている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ