財政危機のクラブを救う救世主!? “ゼロ円移籍”で獲得できるスター選手たち

チェルシーのウィリアン photo/Getty Images

契約今季まで、現在もバーゲン価格に

コロナ禍の影響で、現在さまざまなクラブの財政が危機に陥り、選手の給与カットなどをやむなく行っている。しかし、来季を見据えた選手の補強は行わなければならない。

『Transfermarkt』は、「もっともお買い得な選手たち」として、今夏で契約を満了する有名選手たちを紹介している。このまま契約が終了すればフリートランスファーとして無料で獲得できる可能性があり、現在も市場価値は“バーゲン価格”。緊縮を余儀なくされるなか、資金繰りに喘ぐクラブの救世主となる選手は現れるだろうか。

※文中の市場価格は最高値→現在の価格を紹介

●トマ・ムニエ


28歳/DF/パリ・サンジェルマン
3500万ユーロ→2400万ユーロ

ベルギー代表でも活躍するムニエだが、現在PSGでは右SBのポジションをケーラーに奪われており、契約延長合意には至らず。ドルトムントが獲得の噂。

●ウィリアン


31歳/FW/チェルシー
5000万ユーロ→2250万ユーロ

ドリブルにシュートにと、ブラジル人らしいテクニックで相手を翻弄する。FKも正確。リヴァプールから獲得の噂があり、サラーやマネのバックアップ要員ではないかと見られている。

●ドリース・メルテンス


32歳/FW/ナポリ
3200万ユーロ→2000万ユーロ

小柄ながら俊敏な動きでゴールを陥れるアタッカーで、サイドでもセンターでも起用可。チェルシーが狙っていると言われる。

●ライアン・フレイザー


26歳/FW/ボーンマス
3000万ユーロ→1750万ユーロ

アーセナルから獲得の噂があるドリブラーで、サイドを突破しチャンスにつなげる。昨季はアシスト数15を記録し注目された。

●エディンソン・カバーニ


33歳/FW/パリ・サンジェルマン
6000万ユーロ→2000万ユーロ

冬に噂があったアトレティコ行きは実現せずも、今夏の獲得が再燃。ほか、ブラジルのサンパウロ行きも噂される。J1の神戸行きはエイプリルフールネタだったが……

ドルトムントのゲッツェ photo/Getty Images

●ヤン・ヴェルトンゲン


33歳/DF/トッテナム
3200万ユーロ→1450万ユーロ

SBも兼務できる左利きCB。古巣アヤックスほか、インテル、ナポリなどイタリアのクラブも興味を示している模様。

●ダビド・シルバ


34歳/MF/マンチェスター・シティ
5000万ユーロ→1200万ユーロ

シティの攻撃を長年牽引してきたテクニシャン。今季限りでの退団を明言している。J1神戸行きが噂にあったが、本命はベッカム氏のMLSインテル・マイアミか。

●マリオ・ゲッツェ


27歳/FW/ドルトムント
5500万ユーロ→1050万ユーロ

ブラジルW杯のヒーローも、ドルトムント退団が濃厚。ローマ、ラツィオのライバル同士で獲得合戦が勃発中との報道もある。

●アダム・ララーナ


31歳/MF/リヴァプール
2500万ユーロ→950万ユーロ

負傷もあり出場機会が減少していたララーナも退団濃厚。アーセナル、トッテナムほか、古巣サウサンプトンに戻るのではという噂も。

●オリヴィエ・ジルー


33歳/FW/チェルシー
2700万ユーロ→700万ユーロ

フランスが誇るハイタワーもチェルシーで干され気味。ポストプレイはワールドクラスだけに、欲しがるクラブは多そうだ。インテルが興味を示していると言われているが、チェルシーが契約更新オプションを行使するという話も出ている。


●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ