来季リヴァプールで若き才能が輝く キャラガーが期待する若手“2名”は

キャラガーが期待をかけるウィリアムズ(左)とジョーンズ(右) photo/Getty Images

ブレイク前夜のヤングスター

現在プレミアリーグは新型コロナウイルスの感染拡大に伴って中断が続いているが、ここまではリヴァプールが独走状態だ。2位マンチェスター・シティとは現時点で25ポイント差(マンCは1試合未消化)。リーグ戦が再開されればすぐに優勝が決まる可能性も高いだろう。

そんなリヴァプールは今や完成されたチームと言って差し支えないはずだ。GK、最終ライン、前線にワールドクラスの猛者が集い、中盤にも名うてのボールハンターが揃っている。強度の高さゆえに、時折入れ替えることこそあるものの出場するメンバーはほぼ固定。盤石の布陣を敷いている。

しかし、来季はそんな常勝軍団で若い力が輝くかもしれないとクラブOBのジェイミー・キャラガー氏は主張する。英『Sky Sports』の番組内で、同氏は2020-21シーズンの飛躍を期待する若手としてDFネコ・ウィリアムズとMFカーティス・ジョーンズを指名。2人のヤングスターが輝く日は近いかもしれないと次のように語った。

「エヴァートンに対するパフォーマンスは今季のハイライトの1つだったね。多くの若手が全員トップチームに定着するとは限らないが、彼らは常にステップアップに必要なものを持っていると監督に証明し続けているよ。おそらく、ネコ・ウィリアムズとカーティス・ジョーンズはチームに何かを加えることができる存在だと思う。リヴァプールのセンターMFには走力が求められる。中盤の人選を見ると、そのポジションには常にエネルギッシュな選手が起用されている。これはクロップのサッカーにとって大事な要素だ。カーティスはこれに対応できるだろうね」

どうやら、彼らの中でも特にキャラガー氏が期待を寄せているのはジョーンズのようだ。リヴァプールの中盤はその守備タスクの過酷さからどうしても消耗が激しくなるだけに、ジョーンズへコンスタントに出番が回ってくる可能性はかなり高いか。

来季アンフィールドで本格開花する可能性が高い2つの若き才能。そう遠くない未来、ヤングスターが一皮むける瞬間を我々は目の当たりにするかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ