“5kmを16分”で駆け抜けるマンUの潰し屋 超大型MFが見せた圧巻の運動量

マンUのマクトミネイ photo/Getty Images

英メディアも驚く圧巻のスピード

新型コロナウイルスの影響でグループでのトレーニングが出来ないこともあり、プレミアリーグでプレイする選手たちの間では5km走のタイムを競う取り組みが広がっているという。

例えばマンチェスター・ユナイテッドFWジェシー・リンガードは自身のInstagramにて、5kmを18分29秒で走ったことをアピールしていた。これでも十分に凄い数字に思えるが、上には上がいる。

チェルシーMFロス・バークリーが16分11秒の記録を出したかと思えば、マンUのMFスコット・マクトミネイがそれを上回る16分01秒の記録を叩き出したのだ。

もちろん正確に計測するのは難しいため、公式記録として扱うべきかは微妙なところだ。それでも、5kmを16分で走り抜くのは相当のスピードと言っていいはず。中盤を縦横無尽に走り回る潰し屋のマクトミネイらしい数字と言えよう。

英『GIVE ME SPORT』も、「何てマシーンなんだ。普通の人は5kmを30分以内で走るだけでもハッピーだろうが、マクトミネイはほぼ半分のタイムだ」と伝え、そのスピードと持久力を称賛している。

今のところマクトミネイがプレミア最速の5kmランナーと言えそうだが、これをも抜いてくる強者は現れるのか。スタミナ自慢の選手たちにはぜひ挑戦してほしい企画だ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ