リヴァプールが狙う“激しすぎる”CB ジエゴ・カルロスとは何者か

セビージャで活躍するD・カルロス photo/Getty Images

熱い魂を持った守備者

今、スペインのリーガ・エスパニョーラで注目を集めている27歳の有能センターバックをご存知だろうか。その選手とはセビージャに所属するブラジル人DFジエゴ・カルロスだ。

2019-20シーズンはここまで公式戦31試合に出場し、セビージャの最終ラインを支えているD・カルロス。屈強なフィジカルを武器に相手の進撃をことごとく阻止する彼は、現在リヴァプールが目をつけているとされる選手だ。

“最強軍団”との呼び声も高い彼らが欲しがるセンターバック。はたしてどんな選手なのだろうか。移籍の噂が報じられた時点で気になった人も多いだろう。そんな人々のために、英『90MiN』は今スペインで売り出し中のD・カルロスがどのような特長を持つ選手なのかを紹介している。

最初に紹介されたのは彼の強みだ。それはセンターバックとしてまず第一に求められる守備力。この27歳は今季リーガにおいてここまで空中戦勝率58%、タックル成功率79%といずれもハイレベルな数値を記録している。エアバトルでも地上戦でも、南米出身の選手らしく激しい寄せでボールを奪いにかかる。

攻撃性能も悪くない。完全な“防御型”のセンターバックとみなされることが多いD・カルロスだが、意外にもパス成功率は82%を記録している。トップクラスとはさすがに言えないかもしれないが、無難につなぐパスは出せる選手だ。ボールタッチ数もここまでチームで3番目に多い。ポゼッション型に移行しているとはいえ、センターバックにそれほどハイレベルなパス能力を求めないリヴァプールであれば、十分に輝けるだろう。

しかし、一方でD・カルロスには短所もある。『90MiN』が指摘したのはカードの多さだ。激しい守備を売りとする反面、やはり警告を受ける回数は多く、彼は今季リーガでプレイしているセンターバックの中で2番目に多くカードを貰っている選手なのだという。自身ペナルティエリア内でも関係なく相手に猛烈なチャージを仕掛けることもあり、同メディアはこの一面を少し心配しているようだ。

とはいえ、激しい寄せで素早くボールを回収するスタイルはリヴァプールの戦術にもマッチしている。はたして、来季この27歳はリヴァプールでプレイすることとなるのだろうか。加入となれば、常勝軍団にとって大きな戦力となりそうだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

電子マガジン最新号は、ついにプレミア制覇に手をかけたリヴァプール! レッズを徹底解剖します。人気お笑い芸人・ぺこぱシュウペイの新連載もスタート!

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ