必殺の“超高速クロス” リーグ最強級レフトバックとなった男のアシスト集[映像アリ]

リヴァプールのロバートソン photo/Getty Images

アーノルドとはまた違う脅威

今のリヴァプールで相手の脅威となっているのが、圧倒的な攻撃力を誇る両サイドバックだ。

最近では高いキック精度を武器にアシストを量産する右のトレント・アレクサンダー・アーノルドの方が話題になる機会が増えているように感じられるが、左サイドのアンドリュー・ロバートソンも忘れてはならない。

アーノルドが高精度のキックでアシストを量産する選手ならば、ロバートソンは爆発的なスピードで左サイド深くまで侵入するプレイからアシスト数を増やしている。サディオ・マネを追い越すスピードは、アーノルドが持っていない武器と言える。

リヴァプール公式もロバートソンのアシスト集を紹介しているが、左サイド深くまで侵入してグラウンダーのボールでアシストするパターンが非常に多い。アーノルドほどロングキックが正確なわけではないが、ロバートソンの攻撃参加も相手の脅威となる。

サポーターからは、「間違いなくワールドクラス」、「リーグ最高の左サイドバック」、「彼が大好き。過小評価されている」など、ロバートソンを絶賛する意見が相次いでいる。

リヴァプールへ移籍するまでは完全にノーマークの選手だったが、急激にその評価を伸ばしてきた。現世界最高の左サイドバックの1人と言ってもいいはずで、今後もこのパターンでアシストを量産してくれることだろう。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ