チェルシーNo.1の決定力!? バルサ&チェルシー支えてきた“名脇役”の存在

チェルシーのペドロ photo/Getty Images

主役ではないかもしれないが……

チェルシーでは近年もFWジエゴ・コスタ、エデン・アザールら優れたアタッカーが活躍し、チームにプレミアリーグのタイトルなどをもたらしてきた。

もちろん彼らは高い能力を誇っていたが、決定力No.1プレイヤーは別にいるのかもしれない。

英『Football London』が注目したのは、決定機をゴールへ沈めた割合だ。2011-12シーズン以降、決定機をゴールへ結びつけた割合ではアザールやコスタより上の選手がいるのだ。

その選手とは、現在もチェルシーでプレイするFWペドロ・ロドリゲスだ。ペドロは訪れた決定機のうち、チェルシーの選手としてトップの59.4%を得点へ結び付けている。これは42.6%で3位のアザール、57.1%で2位のコスタを上回る数字だ。

もちろん決定機を迎えた回数に違いはあるものの、ペドロの決定力は見逃せない。バルセロナ、チェルシーの両方で主役となったわけではないが、すこぶる高い得点力でチームに貢献してきたのだ。

バルセロナならリオネル・メッシ、近年のチェルシーならアザールと、主役は派手な技術を持つ彼らの方だ。ペドロは少しばかり地味かもしれないが、その得点力はワールドクラスと言ってもいいだろう。

ペドロにはチェルシーからの移籍説も浮上しているが、別のチームへ移籍しても得点力が衰えることはない。もう少し高く評価されるべき選手ではないだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ