アーセナルに“ジウベルト・シウバ2世”を OBが獲得を求める選手とは

ウェストハムのライス(右) photo/Getty Images

中盤で戦える選手を

アーセナルではパトリック・ヴィエラに代わるMFが見つかっていないと言われ続けてきたが、見つかっていないのはヴィエラの後継者だけではない。

クラブOBのポール・マーソン氏が嘆くのは、ヴィエラとともに活躍したMFジウベルト・シウバ系MFの不在だ。

シウバは高い守備力を誇ったMFで、確かに近年のアーセナルには守備面で強烈な個性を発揮するMFが不足している。

英『FourFourTwo』によると、マーソン氏が求めているのはウェストハムMFデクラン・ライスだ。なぜアーセナルはライス獲得へ本腰を入れないのか。マーソン氏はそこが気に入らないようだ。

「ライスにはチェルシーが関心を示しているようだが、なぜアーセナルがライスを見ないのか分からないね。アーセナルは守備的MFを欲してきた。彼らには規律ある守備的MFが必要なんだ。4バックの前に位置してチームをオーガナイズし、ボールを受けて10ヤードのシンプルなパスを出す。これはハードな仕事であり、だからこそアーセナルがライスのような選手を狙わないのが信じられない」

「アーセナルはジウベルト・シウバ以降規律ある守備的MFを抱えてこなかった。誰もがヴィエラの代わりがいないことを話すが、シウバの代わりもいないんだ」

シウバのような守備専門MFがいることで、周囲の選手を自由に攻撃参加させることも可能となる。ルーカス・トレイラも奮闘しているが、まだヴィエラやシウバほど貢献できているわけではない。

アーセナルはライスのような本格的な守備的MF獲得へ動くべきなのか。センターバックの獲得案は盛んに噂されているが、守備的MFにも目を向けるべきなのかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ