「ドリブルをしながら生まれた」 独りよがりでも見たい“仏産ファンタジスタ”[映像アリ]

ニューカッスルでプレイしていたベン・アルファ photo/Getty Images

上手いけど扱いにくい天才

ファンタジスタと呼ばれる選手は抜群の才能を持っているのだが、感性が独特すぎるがゆえにチームに組み込みにくいケースがある。

マルセイユやパリ・サンジェルマン、ニューカッスルでプレイしてきたフランス人FWハテム・ベン・アルファはその代表例とも言うべき選手だ。才能ならば同世代のカリム・ベンゼマをも上回っていたかもしれないが、少し個人プレイに走りすぎるところがある。

今回仏『RMC Sport』がベン・アルファを特集しているが、ニューカッスル時代にベン・アルファを指導したアラン・パーデューも少し扱いにくい選手だったと振り返る。

パーデューは「彼の選択肢は常にベストというわけではなかった」と語っているが、ベン・アルファはパスすべき場面でもドリブルで強引に局面を打開しようとするところがあった。厄介なことに、ニューカッスルのサポーターはそんなベン・アルファのプレイを気に入っていたのだ。パーデューとしては頭が痛い問題と言える。

リヨン時代に指導したジェラール・ウリエも「ハテムはドリブルしながら生まれた。彼がふさわしいキャリアを築けていないのは残念だ」とコメントしており、もう少しチームプレイを意識できれば世界のトップクラブでプレイできたはずだ。

ベン・アルファのプレイは独創的で、見ていて面白い。しかし、それがチームの勝利に直結するプレイとは限らない。サッカーファンとしてはベン・アルファを毎週見たいところだが、結果が必要なのは指揮官としては起用しづらい部分もあったのだろう。

ベン・アルファのドリブルに関しての才能はネイマールやリオネル・メッシにも負けていなかったと言っても大袈裟ではないのかもしれない。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ