194cmのFWを弾き飛ばす男 ハーランドでも対峙したくない“怪物DF”の存在

ドルトムントのハーランド photo/Getty Images

高くて速い恐怖のセンターバック

ドルトムントでも無双状態のごとくゴールを量産しているFWアーリング・ハーランドは、高さ、テクニック、スピード、得点感覚などあらゆる能力を高いレベルで備えていると評価されている。

194cmのサイズを誇りながら、スピードもあるストライカーなどDFにとって悪夢だろう。しかし、そんなハーランドを弾き飛ばしてしまったセンターバックもいる。

リヴァプールDFフィルジル・ファン・ダイクだ。ファン・ダイクはセンターバックの選手だが、193cmのサイズを誇りながらスピードもある点はハーランドとの共通点と言える。彼らは大きくて速いサッカー界の夢を詰め込んだような選手と言っていい。

2人はハーランドがザルツブルクでプレイしていた今季のチャンピオンズリーグ・グループステージにて顔を合わせている。仏『France Football』によるとハーランドもその時の衝撃が大きかったのか、ファン・ダイクを対峙したくないDFに挙げている。

「対峙したくないのはファン・ダイクだね。彼は素晴らしい。パワフルでクイックで、あらゆるクオリティを備えている。彼はインクレディブルなプレイヤーだよ」

ファン・ダイクは現世界最高のセンターバックの1人と評価されており、ハーランドは次期ワールドクラスFWと期待されるヤングスターだ。今後欧州の舞台で2人が激突する機会もあるはずで、この直接対決はサッカーファンを大いに盛り上げることとなりそうだ。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.243 リヴァプール解剖論
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ