ゴールセンス抜群すぎるDF 得点数伸ばしてきたウルブズの“超攻撃的SB”

ウルブズで得点を量産するドハーティ photo/Getty Images

プレミアで最も得点能力高いDFか

今、イングランド・プレミアリーグで最も攻撃力の高いDFといえば誰か。アシストを決められる選手という意味で捉えるならば、リヴァプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー・アーノルドやスコットランド代表アンドリュー・ロバートソンを挙げることができるだろう。では、純粋な得点力の高さを比べるのであれば誰がトップになるか。

その答えは少々意外な選手だ。それはウォルバーハンプトンのDFマット・ドハーティ。同選手は今季公式戦36試合に出場し、すでに6ゴールを挙げている。さらに昨季決めた8ゴールを合わせると計14ゴール。データサイト『Opta』によると、これはプレミアリーグでプレイしているどのDF登録の選手よりも多い得点数だという。

現地時間27日に行われたヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグ・エスパニョール戦でも、79分にまるでストライカーのようにゴール前へ侵入し得点を決めたドハーティ。それ以外の面でも、シュートや裏抜けの巧さはアタッカー並みのレベルにあると言えよう。

そんな彼と今季ブレイク中のFWアダマ・トラオレが君臨する右サイドは、ウォルバーハンプトン最大のストロングポイントとなっている。まだ残り試合は多いだけにこの調子で得点を決め続けることができれば、二桁ゴールも見えてくるか。プレミアで猛威を振るう超攻撃的サイドバック。ドハーティはこれからも怒涛のゴールラッシュで見る者を魅了し続けてくれるはずだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ