“プレミア史上最強”の守備的MFはどっちだ 縁の下の力持ちな2人の実力者

マンCのフェルナンジーニョ photo/Getty Images

連覇チームを支えた2人

今季は首位リヴァプールに大きく差をつけられてしまったが、昨季プレミアリーグ連覇を達成したマンチェスター・シティは間違いなくプレミア史上最強クラスのチームだ。

昨季は勝ち点が100に達し、ジョゼップ・グアルディオラ率いるチームは1つの時代を築いた。その中で英『90min』が絶賛したのは、守備的MFフェルナンジーニョだ。

2004-05、2005-06シーズンのプレミアを連覇したジョゼ・モウリーニョ率いるチェルシーでは元フランス代表MFクロード・マケレレが大活躍したが、同メディアはフェルナンジーニョとマケレレをプレミアの歴史に残る名MFと捉えている。

2人とも主役として扱われる機会は少ないが、チームへの貢献度は極めて大きい。中盤の底で守備に走ることができ、まさに縁の下の力持ちと表現するのがふさわしい選手だ。

チェルシーで活躍したマケレレ(右) photo/Getty Images

同メディアは守備力ではマケレレの方が上と評価しているが、パス、身体能力、攻撃への影響度ではフェルナンジーニョが上と判断している。つまり総合的にはフェルナンジーニョの方が優れた守備的MFと評価されているわけだ。

どちらが上かは意見が分かれるところだが、2人がプレミア史に残る名手なのは間違いない。リーグ連覇を果たすようなチームには、こうした仕事人の存在が欠かせないのだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ