“日本の皇帝”がいきなり大ピンチ!? システム変更で居場所がなくなる危険性

フランクフルトの長谷部 photo/Getty Images

フランクフルトに変化か

ニコ・コバチの下で3バックの中央を任され、フランクフルトの「皇帝」としてチームを後方から支えてきた長谷部誠。アディ・ヒュッター体制になってからもリベロ・長谷部の立場に変わりはなかったのだが、後半戦は全く違う姿を見ることになるかもしれない。

「長谷部はシステム変更の犠牲者になる可能性がある」と伝えたのは、独『Frankfurter Rundschau』だ。フランクフルトは前半戦に思うような結果を残すことができず、ヒュッターはシステムを4バックに切り替えようとしている。

必然的にリベロの位置が消えることになり、4バックの場合はマルティン・ヒンテレッガーとダビド・アブラハムがセンターバックの1番手と見られている。4バックで戦うならば長谷部をセンターバックで起用する必要性は低いだろう。

長谷部は中盤での出場を目指していくことになるが、ボランチの位置にはセバスティアン・ローデとジブリル・ソウがいる。長谷部にとってボランチは慣れ親しんだポジションではあるものの、ほぼ一人勝ち状態だったリベロの時と違って競争が激しい。

ローデとソウは後半戦最初のゲームとなったホッフェンハイム戦でも先発しており、同メディアは4バックで戦うなら長谷部の居場所はベンチとなる可能性が高いと見ている。

長谷部はホッフェンハイム戦を体調不良で回避しているが、システム変更によって一気に立場が変わるのだろうか。今季前半戦は昨季ほどのパフォーマンスを見せることができていなかったとの評価だが、日本の皇帝と絶賛されてきた大ベテランの後半戦はどのようなものとなるのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ