スペシャル・ワンにも“魔法の杖”はない モウリーニョはスパーズを救うのか

トッテナムを指揮するモウリーニョ photo/Getty Images

修正には時間がかかる

成績不振からマウリシオ・ポチェッティーノを解任したトッテナムは、後任にジョゼ・モウリーニョを指名した。当初はデル・アリの得点力がアップするなど、モウリーニョ効果が発揮された好ゲームもあった。サポーターも新生・トッテナムに期待したことだろう。

しかし、現実はそれほど甘くない。やはりポチェッティーノ体制で苦しんでいたことには理由があり、さすがのモウリーニョでもいきなりチームを好転させるのは難しい。ノリッジ・シティに2-2で引き分け、サウサンプトンには0-1など敗れるなど、最近は守備の問題も出てきている。

英『FourFourTwo』によると、元トッテナム指揮官のハリー・レドナップ氏もいきなりチームを変えるのは難しいと語る。モウリーニョでも魔法の杖を持っているわけではなく、我慢が必要なのだ。

「ジョゼは突然フォームを乱したトッテナムへ向かうことになり、我々は彼の記録を理解している。これまでの記録はインクレディブルなものだ。しかし、誰も魔法の杖は持っていない。現時点でチームが良い状態ではないように見える」

とはいえ、所属している選手たちが一流なのは間違いない。トッテナムは11日にリヴァプールをホームに迎えることになっており、レドナップ氏もリヴァプールの無敗を止めるべくパフォーマンスレベルを上げてくるはずとポジティブな予想を展開している。モウリーニョも入念な準備をしてくるはずで、タイトなゲームになるだろう。

トッテナムとしては首位リヴァプールを叩いて自信を深めたいところだが、モウリーニョはここからチームをどう立て直すだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.256 頼れる大ベテラン

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ