ちょっと“不思議な”チェルシーの破壊力 すでにサッリ政権を超えた数字とは

得点を喜ぶアスピリクエタらチェルシーの選手たち photo/Getty Images

スタンフォード・ブリッジよりも……

今季よりフランク・ランパードが指揮するチェルシーは、少し変わったシーズンを過ごしている。ジョゼ・モウリーニョ第一次政権の頃は本拠地スタンフォード・ブリッジが要塞のごとき存在となっていたのだが、今のチームはなぜかアウェイの方が強い。

ここまでチェルシーは勝ち点36を稼いで4位につけているが、このうちホームで得た勝ち点は14点。アウェイで22点も稼いでおり、ホームでは安定感を欠いている部分がある。

12月にもアウェイでトッテナムに2-0と勝利したが、続くホームでのサウサンプトン戦は0-2で敗北。ところがその次のアウェイ・アーセナル戦には2-1で勝利と、何とも不思議な成績だ。アウェイでトップ6と呼ばれるクラブに勝ち、ホームで残留争いを強いられている格下に敗北するのは少々奇妙だ。

またチェルシーは今季リーグ戦で36ゴールを挙げているが、このうちアウェイで25ゴールを記録している。アウェイではウォルバーハンプトンを5-2、バーンリーを4-2のスコアで撃破するなど、大量点を奪うゲームも目につく。ホームで行われたリーグ戦では3点以上奪ったゲームが1つもないため、サポーターとしてはやや複雑だろう。

英『90min』によると、昨季マウリツィオ・サッリが指揮したチームはアウェイで24ゴールを挙げていた。つまり、今季はすでにそれを超えたことになる。同メディアもアウェイでの強さに驚いており、これもランパード・マジックの1つなのだろうか。

2月からはチャンピオンズリーグ決勝トーナメントがスタートし、チェルシーはバイエルンと戦うことになっている。本来はホームアドバンテージを活かして戦っていくものだが、今のチェルシーならばアウェイゴールを大量に奪う形でゲームを進めることも可能かもしれない。注目すべきはバイエルンの本拠地に乗り込む3月の2ndレグの方か。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ