南野拓実を獲得して良かった 超ユーティリティアタッカーに早くも穴埋め任務

リヴァプールのチェンバレン photo/Getty Images

中盤から攻撃のアイディアをもたらす存在に

現在のリヴァプールで中盤に創造性をもたらす存在の1人がMFアレックス・オックスレイド・チェンバレンだ。チェンバレンは足下の技術が高く、個人で違いを作ることができる。

リヴァプールにとっては貴重なタイプのMFだが、先日のクラブワールドカップ決勝・フラメンゴ戦で負傷。松葉杖をついている姿が見られ、ひとまず年内は離脱することになるという。

残念なニュースだが、英『Football Fancast』はリヴァプールサポーターの間に楽観的な空気があると伝える。こうしたトラブルに対処すべく、ザルツブルクから日本代表FW南野拓実を獲得したからだ。

南野は中盤をこなすことも可能で、チェンバレンのような仕事も任せられる。SNS上では南野を獲得しておいて良かったとの意見が相次いでいる。

「我々はすでに代役として南野を獲得している」

「今となっては、南野の獲得がより重要なものだったように見える」

「南野を獲得して良かった。今こそ重要だ」

同メディアも南野がチェンバレンと同じくファイナルサードで違いを生み出せる選手と伝え、代役を任せられると能力を評価している。チェンバレンはやや怪我が多い選手でもあり、そうしたトラブルに対処するうえでユーティリティプレイヤーの南野は欠かせない存在となりそうだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ