酒井宏樹はリーグ・アンを代表するSB 2019年のベスト11にノミネート

リーグ・アンで存在感を放つ酒井。2019年のベストイレブンにノミネートされる photo/Getty Images

地元紙も万能性&安定性を評価

2019年も残すところあとわずか。仏紙『L’EQUIP』が1年の締めくくりとして、今年リーグ・アンで活躍した選手のベストイレブンを、ファン投票によって選出しようとしている。マルセイユでプレイする日本代表DF酒井宏樹が、右サイドバック部門でノミネートされた。

2016年夏にマルセイユへ加入し、今季で4年目のシーズンを迎えた現在29歳の酒井。加入初年度からチームの主力として活躍し、今ではマルセイユ不動のサイドバック、リーグ・アンを代表するDFへ成長しており、チームに必要不可欠な存在となっている。そんな酒井は今年、年明けにアジアカップへの参加で欠場を余儀なくされたが、リーグ戦31試合に出場。5月18日に行われたトゥールーズ戦(昨季第35節)では、リーグ・アン初ゴールを記録していた。

同メディアは酒井のノミネート理由について「波風を立てず、右サイドでしっかりと仕事をし、それだけでなく左サイドのトラブル対処も行う。サイドの捻れはなく、常に安全地帯のままである」とコメント。左右の両方をこなせる万能性や安定性を高く評価しているようだ。

また、酒井以外にはパリ・サンジェルマンに所属するベルギー代表DFトーマス・ムニエ、リヨンに所属するフランス代表DFレオ・デュボワ、サンテティエンヌに所属する元フランス代表DFマテュー・ドゥビュシーなども候補に選ばれている

なお、投票は28日土曜日までとのこと。現時点で右SB部門は1万7000票以上が集まっており、酒井は得票率13%で上から3番目となっている。はたして、酒井はリーグ・アンのベストイレブンに名を連ねることができるのだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ