ソン・フンミン、危険行為で今季2度目の退場劇 両監督の見解は……

主審からレッドカードを提示されるソン・フンミン photo/Getty Images

異なる両監督の意見

トッテナムのジョゼ・モウリーニョとチェルシーのフランク・ランパードの両監督が、一発退場を命じられた韓国代表FWソン・フンミンに対しての見解を示した。

22日にプレミアリーグ第18節が行われ、トッテナムとチェルシーが対戦。モウリーニョとランパードの師弟対決に注目が集まったが、前半に2点を奪ったチェルシーがそのまま逃げ切り、後者に軍配が上がっている。

そして、この一戦で問題となったのが60分に起こった出来事だ。左サイドの高い位置でボールを受けたソン・フンミンと、ディフェンスに入ったリュディガーが接触。倒れ込んだ際に前者が後者の脇腹あたりを蹴り上げていることがVARによって判明し、主審はソン・フンミンに対してレッドカードを提示したのだ。同選手は11月に行われたエヴァートン戦で、危険なタックルによりアンドレ・ゴメスに大怪我を負わせ、退場を命じられている。こういったこともあってか、直後からSNSなどではソン・フンミンに対する厳しいコメントが多々投稿されていた。

しかし、この判定に対して不満を示したのがモウリーニョだ。英『METRO』などによると、同監督はボールを奪いに行ったリュディガーに先にファウルがあり、イエローカードを提示する必要があったと主張。さらに、大袈裟なアピールがソン・フンミンの退場につながったと考えているようだ。「審判がすぐさまイエローカードを出していたら、彼は何も反応していなかっただろう。私にとってこのレッドカードは奇妙だった」などと述べつつ「リュディガーが肋骨の骨折から回復することを願っているよ。間違いなく、彼は骨折しているだろうからね」と皮肉を飛ばした。

一方で、ランパード監督もこの件について言及。同監督は「あれはレッドカードだ。ソンは素晴らしい選手だと思うし、外から見ていても素晴らしい人間だと思う。しかし、フットボールにおいては、時に本能的になってしまうことがあるようだね。たまにあるタフなゲームで逆上してしまうことがあり、今日がその瞬間だった」と話している。

はたして、ソン・フンミンにはどのような処罰が下されるのか。前回のこともあり、悪質と取られれば今後厳しいペナルティが科されるかもしれない。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ