アルテタ就任でアーセナルはどう変わる メンバーの“大刷新”が始まる予感

アーセナルの次期指揮官候補に挙がるアルテタ photo/Getty Images

マンCからベテランMFを連れてくる?

新たな指揮官を探すアーセナル。先月29日にウナイ・エメリ前監督を解任したはいいものの、調子は上がらないままだ。フレドッリック・ユングベリ暫定監督の下でもかねてより指摘されていた課題は未だ改善の兆しがない。ユングベリ氏も「早く新監督を決めてほしい」と発言するほどに、同クラブは危機的状況にある。

そんなアーセナルの新監督候補として、現在その最右翼とされているのがマンチェスター・シティでアシスタントコーチを務めるミケル・アルテタ氏だ。先日ナポリの監督を解任となったカルロ・アンチェロッティ氏も候補に挙がっているが、同氏はエヴァートン行きが濃厚との噂がある。可能性としてはアルテタ氏の方が高いと見ていいだろう。

では、アルテタ氏が新監督に就任した場合、アーセナルはどのようなチームになっていくのだろうか。英『Daily Mirror』によると、かつてチェルシーやアイルランド代表で活躍したトニー・カスカリーノ氏がアルテタ・アーセナルの動きを予想している。

「アルテタが最初に直面する問題はシニアプレイヤーとのやり取りだろう。ピエール・エメリク・オバメヤンやアレクサンドル・ラカゼット、ダビド・ルイス、メスト・エジル、シュコドラン・ムスタフィといった選手は売却されるかもしれない。でも、その代わりとして、アルテタはマンCからフェルナンジーニョを連れてくるだろう。彼の契約は今季終了までだからね。彼を連れてくることによって、アルテタはアーセナルの選手に成功するために必要なことを示すことができる」

なんと、アルテタ氏は監督に就任するや否や現主力選手の多くを売却するとカスカリーノ氏は予想している。今後の去就が不透明なオバメヤン、ラカゼット、エジルとなかなか好パフォーマンスを披露できないD・ルイスとムスタフィ。たしかに、チームの血を入れ替えるならこの辺りの選手は放出候補か。アルテタ新監督が誕生するとなれば、来夏のアーセナルは大改革となるかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ