PSGの新エースが“キラーモード”突入 ワンタッチゴーラーが語るゴールの秘訣

PSGのイカルディ photo/Getty Images

リーグ・アンでも得点量産

リーグが変わってもお構いなし。今季よりパリ・サンジェルマンでプレイするFWマウロ・イカルディは変わることなくゴールを量産している。インテル時代もセリエA得点王を獲得しているが、リーグ・アンの得点王を狙うことも可能だろう。

今季もリーグ戦とチャンピオンズリーグを合わせて16試合で13得点2アシストと大暴れしており、すっかりパリの得点源だ。では、なぜイカルディはゴールを量産できるのか。

その理由は、イカルディがポジショニングのコツを理解しているからだ。クラブ公式によると、イカルディも常に得点を狙える位置に顔を出すことが重要なポイントと語っている。そしてチャンスボールがくれば、点取り屋の本能が働くのだ。

「僕にとってゴールは自然なものだ。常にベストポジションを取ることを心がけている。そしてチャンスがくれば、冷静さを保ちキーラーモードに入るのさ。これまで150ゴールほど決めてきたと思うけど、そのほとんどは似たようなパターンのゴールだ。それが僕のキャラクターなんだよ」

イカルディはボックス内で結果を残す典型的なワンタッチゴーラーであり、クロスに合わせる能力はすこぶる高い。パリはインテル以上に攻撃陣が豪華で、ネイマールやキリアン・ムバッペ、アンヘル・ディ・マリアが次々とチャンスを作り出していく。イカルディにとっては得点を奪いやすい環境なのだろう。

パリもイカルディのことを評価しているようで、インテルからレンタルで加入している同選手を完全移籍で確保する案も検討していると言われている。その得点力はチームメイトのエディンソン・カバーニより上と言ってもいいはずで、改めてイカルディの得点センスを感じる前半戦となっている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ