マンUにハーランドは必要ないのか 元プレミア得点王が獲得を勧めない理由は

複数の欧州ビッグクラブが熱視線を送るハーランド photo/Getty Images

「選手になんて説明するんだ?」

レッドブル・ザルツブルクでブレイクを果たしたノルウェー代表FWアーリング・ハーランド。同選手は今季ここまで公式戦22試合28ゴールの活躍を披露しており、今や欧州でも屈指のストライカーに成長した。

そんな19歳の周囲が冬の移籍市場を目前にして慌ただしくなってきている。先日はドルトムントとRBライプツィヒのドイツ勢が彼と接触したとの情報が現地メディアによって伝えられ、そのほかにもユヴェントスやレアル・マドリードなどがハーランドに興味を示しているとも。しかし、かねてより本命視されていたクラブはもう一つある。ハーランドの恩師であるオーレ・グンナー・スールシャール監督が率いるマンチェスター・ユナイテッドだ。

モルデ時代にハーランドと共闘したスールシャール監督。同監督は18日に行われたEFLカップ準々決勝のコルチェスター・ユナイテッド戦後、「彼は私好みの選手だ。我々はいつだってグッドプレーヤーを探している」と教え子の自軍移籍を望むコメントを残している。現地ではハーランドのマンU行きを“ほぼ確実”と報じるメディアも出てきており、この2人が再びタッグを組む可能性は低くないと言えるだろう。

しかし、かつて同クラブで活躍したディミタール・ベルバトフ氏は、古巣がハーランド獲得へ動いていることに疑問を投げかける。英『Daily Mail』によると、同氏はマンUにこの19歳の超新星は必要ないと考えているようだ。

「冬にハーランドが加入するという噂があるが、正直なところ私は必要ないと思うよ。マンUの前線3人は今でも十分に強力だからね。ハーランドがそのどこに収まるのかがわからないよ。第一、クラブはこの獲得に関して選手になんて説明するんだ? みんな若いのに。この移籍話は、現時点でチームに不必要な緊張感をもたらしてしまうことになると思うね。(マーカス・)ラッシュフォード、(アンソニー・)マルシャル、(ダニエル・)ジェイムズ、(メイソン・)グリーンウッドはみんな素晴らしい選手だ。ただでさえ誰かが怪我をしない限り、このうちの1人は試合に出られない。そんな状況なのに、さらに選手を増やすのは難しいと私は思うね」

どうやら、ベルバトフ氏はハーランドがマンUにおいて余剰戦力になるのではないかと考えている様子。たしかに、若くて活きの良い選手が前線に揃うマンUにハーランドは絶対欲しい選手なのか。同氏の話を聞く限り、この19歳は不必要にも思えてくる。

はたして、このハーランドの移籍話はどう決着するのか。もし移籍が破談になったとしても、マンUは他の若手の出場機会を確保できると割り切った方がいいかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号のテーマは「V字回復の処方箋」。低迷のビッグクラブに活路はあるか!?
こちらから無料でお読みいただけます。

http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ