“アザール2世”になれたかもしれない男? 「彼らが僕より良かったとは……」

サッスオーロでプレイするボガ photo/Getty Images

チェルシーのアカデミーが生んだ才能

今のチェルシーでエデン・アザールの後継者候補と言われるのは21歳のFWクリスティアン・プリシッチ、20歳のMFメイソン・マウント、19歳のFWカラム・ハドソン・オドイといったところだが、もう1人若い頃から注目されていたアタッカーがいたのだ。

チェルシーのアカデミーでプレイしていた際にはアザールと比較されることもあった22歳のFWジェレミー・ボガだ。

ボガは期待されていた逸材だったがチェルシーでなかなか出番を確保できず、グラナダやバーミンガムなどレンタル移籍を繰り返した。そして2018年夏にセリエAのサッスオーロに完全移籍することになり、今季はサッスオーロで4得点1アシストと奮闘している。

何より興味深いのは、ボガがなかなかのビッグマウスという点だ。英『The Sun』によると、ボガはアザールやウィリアンにも負けていなかったとの感覚があるという。

「時々チェルシーに残ってチャンスを待つべきだったのかと考える時があるよ。ただ、僕は継続的にプレイしないといけなかったし、序列ではアザール、ペドロ、ウィリアンよりも下だった。彼らが僕より良かったということはない。ただ、彼らは序列で僕の前にいたんだ」

ボガはイングランドの食生活にも納得できない点があったようで、チェルシーで長くプレイするのは難しかったのかもしれない。チェルシーはアカデミーで育てた逸材を手放すことになったわけだが、ボガもアザールの後継者となれる可能性があったか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ