かつてW杯準優勝へ導いた監督が…… UAE代表を「たった9ヶ月」で解任

UAE代表の指揮官を解任されたファン・マルヴァイク photo/Getty Images

アジア2次予選で格下に連敗

UAEサッカー協会は4日、同国代表を率いていたオランダ人監督ベルト・ファン・マルヴァイクを解任したと発表した。なお、新指揮官は近日中に発表されるとのことだ。

現在67歳のファン・マルヴァイクは、これまでフェイエノールトやドルトムント、ハンブルガーといった欧州の名門クラブのほかに、オランダやサウジアラビア、オーストラリアといった代表チームも率いてきた。オラン代表時代にはチームをW杯準優勝(南アフリカ大会)へ、サウジアラビア代表時代には12年ぶりのW杯本大会出場(ロシア大会)へ導いている。

そして今年3月に、かつて日本代表の指揮も執ったアルベルト・ザッケローニの後任として、UAE代表の指揮官に就任したファン・マルヴァイク。初陣で古巣サウジアラビア代表を2-1で撃破するなど好スタートを切ったが、10月と11月に行われたW杯・アジア2次予選で格下のタイ代表とベトナム代表を相手にまさかの連敗。第4節終了時点でグループGの4位(2勝2敗)に低迷していることもあってか、UAEサッカー協会は早くも指揮官の交代に踏み切った。

これを取り上げた大手スポーツメディア『FOX SPORTS』のアジア版は「ファン・マルヴァイクがたった9ヶ月で解任」との見出しで「UAEはこのわずか2年半で、4人目の新たな監督を探す」と取り上げている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ