アーセナル最強FWにマンUの闘将も バロンドールにふさわしかった5人の名手

ローマでプレイしたトッティ photo/Getty Images

各クラブのレジェンドがズラリ

2019年のバロンドールにはバルセロナFWリオネル・メッシが選ばれたが、バロンドールの選考を巡っては毎年激しい議論が巻き起こる。今回ならばリヴァプールDFフィルジル・ファン・ダイクの方がふさわしかったのではと考える人もいるはずで、このあたりは意見が分かれるものだ。

過去にもこうした議論は起きている。そこで英『90min』は、バロンドールを獲得すべきだった選手を数名リストアップしている。

1.ロイ・キーン(マンチェスター・ユナイテッド 1999)



闘将ロイ・キーンはこうした個人タイトルとは無縁にも思えるが、ロイ・キーンは1998-99シーズンにマンUのリーダーとして3冠を達成している。ロイ・キーンも潰し屋ながらチャンピオンズリーグ準決勝ユヴェントス戦で得点を記録するなど、攻撃面でもチームに貢献した。

ただ、1999年のバロンドールはバルセロナでプレイしていたFWリバウドの手に渡った。2位にはマンUからデイビッド・ベッカムが入ったのだが、ロイ・キーンもふさわしかったか。

2.ラウール・ゴンザレス(レアル・マドリード 2001)



同メディアが最も物議をかもした年と表現しているが、2001年のバロンドールを獲得したのは当時リヴァプールでプレイしていたFWマイケル・オーウェンだ。

オーウェンも優れたストライカーではあるものの、当時はレアル・マドリードFWラウールの方が良い1年を過ごしたと評価されている。2000-01シーズンはリーグ戦、チャンピオンズリーグの両方で得点王を獲得しており、リーグ制覇も果たしている。

3.ティエリ・アンリ(アーセナル 2003、2004)



2003-04シーズンといえば、アーセナルがプレミアリーグで無敗優勝を果たしたシーズンだ。そのチームでアンリは絶対的なエースであり、同メディアも当時はアンリ史上最高のシーズンだったと振り返る。

しかし2003年はユヴェントスでプレイしていたMFパヴェル・ネドベドがバロンドールに輝き、アンリは2位。2004年は4位となり、1位にはミランのFWアンドリー・シェフチェンコが選ばれている。

4.サミュエル・エトー(バルセロナ 2006)



この年はワールドカップが大きく絡んできた。バロンドールにはドイツワールドカップを制したイタリア代表からDFファビオ・カンナバーロが選ばれており、DFの選手がバロンドールを受賞する貴重な年となったのだ。

ただしエトーも素晴らしいシーズンを過ごした。2005-06シーズンにはチャンピオンズリーグを制し、リーガ・エスパニョーラでは得点王を獲得。エトーはチームタイトルにも恵まれた選手だったが、バロンドールとは縁がないままだった。

5.フランチェスコ・トッティ(ローマ 2007)



2007年のバロンドールに輝いたのはミランで2006-07シーズンのチャンピオンズリーグを制したFWカカーで、チームタイトル的にも受賞は妥当に思える。

しかし同メディアは当時50試合で32ゴールを記録し、ヨーロッパ・ゴールデンシューも受賞したトッティの方がふさわしいと見ている。カカーは確かにチャンピオンズリーグを制したが、2006-07シーズンはセリエAで8得点しか挙げることができなかった。バロンドール受賞者にしては寂しい数字と判断されているのだろう。


こうした議論もバロンドールの楽しみの1つではあるが、果たして2020年はどうなるのか。メッシ、クリスティアーノ・ロナウドの支配がまだ続くのか、それとも新たな受賞者が出てくるのか。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ