信じられない“オクタプル” 柏・オルンガの衝撃は海を越え欧州にも

京都戦でゴールを量産したオルンガ photo/Getty Images

Jリーグ史上初の1試合8ゴール

ーー 柏から世界へ。明治安田生命J2リーグ最終節で、信じられないようなゴールラッシュを披露した柏レイソルだが、この試合で主役となったケニア代表FWオルンガの衝撃は海を越えた。

24日に京都サンガF.C.をホームへ迎え入れた柏。すでに前節の試合でJ2優勝とJ1昇格を決めている同クラブだが、多くのファンが見守る今季最終戦ということもあってか、この試合でも一切手を抜くことはなく、圧倒的なパフォーマンスを披露した。6分に決めた先制点を皮切りに、90分間で大量13ゴールも奪ってみせたのだ。

中でも異次元の力を発揮したのが、代表戦から帰ってきたオルンガだ。6分に強烈な左足のシュートでゴールショーの幕を開けると、ヘディングに、裏への抜け出しに、こぼれ球に、ドリブルにと、あれよあれよという間にゴールを積み重ね、最終的に8ゴールも記録した。もちろん、1試合8ゴールしたJリーガーがこれまでおらず、オルンガはJリーグの新記録を打ち立て、日本サッカーの歴史にその名を刻んだ。

オルンガの活躍は、同選手の母国ケニアでも大きく取り上げられているが、衝撃の波は欧州まで。仏『foot365』がこの試合を取り上げており、「マイケル・オルンガが、日本の2部リーグで信じられないような『オクタプル』を達成した」との見出しで「柏レイソルのケニア代表ストライカーが、J2の最終節で8ゴールを決めた。確かにオクタプルは相手の戦意ダウンによって促進されたが、それでもターゲットを調整する必要はある。30試合で27ゴールと、立派な数字を残してシーズンを終了し、チームの台頭に大きく貢献した」などと報じている。

オルンガの8ゴールを含む、柏レイソルの京都戦全ゴールは以下の通り



●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ