天才MFなのに過小評価されている ジェラード、ランパードに負けぬ才能

イングランド代表で活躍したハーグリーブス photo/Getty Images

2006W杯でも活躍

ポール・スコールズ、フランク・ランパード、スティーブン・ジェラード、デイビッド・ベッカムらワールドクラスのMFを揃えていた当時のイングランド代表は、「黄金世代」として今もサッカーファンの記憶に強く刻まれている。

何か目立ったタイトルを獲得したわけではないのだが、あれほど優秀なMFが1つの時代に集結するのも珍しい。特別なチームだったのは間違いない。

ただ、黄金世代としてもう1人忘れてはいけないMFがいる。ジェラードの1つ年下で、若い頃はバイエルンで活躍したMFオーウェン・ハーグリーブスである。当時の豪華だったイングランド代表を語る際にハーグリーブスの名前が出てくることはあまり多くないが、同選手も強烈な才能を持つ万能型MFだった。

英『90min』も、ハーグリーブスが過小評価されている選手だと改めて特集している。

ハーグリーブスの評価が今ひとつ伸びてこない理由の1つに、負傷に苦しめられたことが挙げられる。特にマンチェスター・ユナイテッドに移籍した2007年からは負傷が増え、非常に苦しいキャリアを送ることになってしまった。プレミアリーグでのプレイ経験がそれほど多くないことも、ハーグリーブスの名前が取り上げられにくい理由の1つなのだろう。

ハーグリーブスはカナダで生まれ、その後バイエルンの下部組織に移籍。バイエルンでは2000年より主力として活躍し、ブンデスリーガ4回、チャンピオンズリーグも1回制覇している。その活躍から2001年にはイングランド代表に選ばれており、プレミアリーグで1度もプレイしないまま代表へ入る珍しいケースとなった。

2006ドイツワールドカップにも出場し、同年にはイングランド年間最優秀選手にも選ばれている。同メディアも当時のワールドカップでイングランド最高の選手だったと絶賛しており、若い頃より才能は抜群だったのだ。

マンUでも1度チャンピオンズリーグを制覇しており、怪我に苦しめられながらもタイトルに恵まれたキャリアだった。イングランドのMFといえばジェラード、ランパード、スコールズといった印象も強いだろうが、ハーグリーブスも同列に語られるべき名手なのだろう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号は“新監督”にフォーカス。ランパード、サッリなど、新天地でサポーターの心を掴みはじめた新指揮官たちが欧州を熱くする!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ