スピードは驚異の36.32km/h 今季マンU最速はD・ジェイムズではなく……

D・ジェイムズもスピードスターだが…… photo/Getty Images

スピードを再認識する結果に

今季マンチェスター・ユナイテッドのスピードスターとして大きな注目を集めるのが、スウォンジーから加わった21歳のFWダニエル・ジェイムズだ。そのスピードにはクラブOBでウェールズ代表監督ライアン・ギグスも脱帽しており、自身が全盛期の頃よりも速いのではないかとの考えを示していた。

しかし、現マンU最速のプレイヤーはジェイムズではない。今季の戦いで最速のスピードを記録しているのは、もう1人のスピードスターであるFWマーカス・ラッシュフォードだ。

マンU公式がスタッツを紹介しているが、ラッシュフォードはクリスタル・パレス戦で36.32km/hのスピードを記録している。さらにブライトン戦でも36.15km/hのスピードを出しており、これが今のところ今季の最速タイム1位、2位となっている。

このスタッツに対してジェイムズ本人はTwitterで疑問を投げかけているのだが、それに対してラッシュフォードが「スタッツは嘘をつかないから」と返事を送っている。確かにデータは嘘をつかないため、このデータならジェイムズよりラッシュフォードの方が速いということになる。

とはいえジェイムズもレスター・シティ戦で35.04km/hのスピードを出しており、特別なスピードを持ったアタッカーなのは間違いない。まだ攻撃陣大爆発とはなっていないが、今のマンUにカウンターアタックを仕掛けさせればプレミアトップクラスのスピードを披露してくれることだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ