クロップがMFにつけたあだ名、あまり浸透せず 「かっこいいんだけどね」

中盤の掃除屋であるファビーニョにはピッタリなニックネームだと思われたが…… photo/Getty Images

若者にはウケなかった?

リヴァプールといえばモハメド・サラー、サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノという3人で形成される世界屈指の強力な前線ユニットを擁するチーム。そんなイメージを抱いている人も多いだろう。彼らは常に相手ゴールを脅かす。近年のリヴァプールの躍進は彼らの爆発力によるところが大きい言っても差し支えないだろう。

しかし、リヴァプールには中盤にも優秀な人材を抱えているということを忘れてはいけない。同クラブには絶え間なくピッチを走り回りボールを回収、奪ってからすかさず前線にパスを供給する仕事人タイプのMFが揃っている。3トップが安心して自分の仕事に集中できるのは、こういった選手たちのハードワークのおかげとも言える。その中でも、中盤の底でことごとく相手の進撃を阻止するMFファビーニョの貢献度は高い。彼はプレミア特有の肉弾戦に対応できるだけのパワーやサイズを備えており、献身的なハードワークも欠かさない。加入直後こそベンチを温める機会が多かったものの、次第にチームのスタイルに適合し今では押しも押されもせぬレギュラーに定着している。

そんな中盤の掃除屋であるファビーニョは先月、ユルゲン・クロップ監督から“Dyson”とのニックネームをつけられた。これは大手掃除機メーカーの名前から取ったものだ。しかしこのニックネーム、なかなか浸透していないようだ。ファビーニョはチーム内において、もう一つ別のニックネームがあるとクラブ公式サイトのインタビューで明かしている。

「あまり数は多くないけど、僕のことを“Dyson”と呼ぶ人はいるね。クールなニックネームだ。でも、チーム内では“Flaco(スキンヘッド)”って呼んでくる選手の方が多いよ。“Dyson”はクロップが言う前から(ジェイムズ・)ミルナーが言ってたかな。それもかっこいいんだけどね。(フィルジル・)ファン・ダイクが言い始めて以来、今では大多数が僕のことを“Flaco”って呼ぶんだ」

どうやら、彼のことを“Dyson”と呼ぶ人間は、ほぼクロップ監督やミルナーといった年長者のみなようだ。センスは悪くないようにも思えるが、若い選手にはあまりウケなかったか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ