“日本の10番”は過大評価されているのか 今夏期待を裏切る新戦力10人に

名門・FCポルトで奮闘する中島 photo/Getty Images

ラビオらとともにリストアップ

ベンフィカからアトレティコ・マドリードへ移籍したFWジョアン・フェリックス、ユヴェントスからエヴァートンへ移籍したFWモイーズ・キーン、パリ・サンジェルマンからユヴェントスへ向かったMFアドリエン・ラビオ。彼らは大きな期待を背負って新天地へ向かったものの、まだ十分なインパクトを残すことができていない。

ポルトガル『zerozero.pt』はそんな期待外れに終わっている今夏の新戦力たちを10名リストアップしているのだが、その中にはカタールのアル・ドゥハイルからポルトガルの名門FCポルトへ移籍した日本代表FW中島翔哉も入っている。

中島は日本代表でもそうだが、ポルトでも10番を背負っている。10番はチームのエースナンバーであり、勝利へ導く決定的なパフォーマンスが求められる。しかし、中島はポルトでポジション確保に苦戦している。

さすがに名門だけあって前線には優れた選手が揃っており、加えて中島はコミュニケーションの部分にも不安がある。開幕当初はチーム戦術が中島に浸透していないようにも見え、やや出遅れてしまった。

同メディアもコミュニケーションの問題、指揮官セルジオ・コンセイソンの戦術が浸透しているのかどうか、さらには単に過大評価されている選手なのかと、中島苦戦の理由を探っている。

ポルティモネンセ時代の輝きを放つことができていないのは明らかで、ポルトでの苦戦は日本代表の戦いにも確実に悪影響を与えるだろう。日本の新エース候補が所属クラブでベンチを温めているという展開だけは避けたい。中盤戦以降の巻き返しに期待だ。

他にはフェリックスの後釜としてベンフィカへやってきたFWラウル・デ・トマス、再起をかけてフランスのリールへ向かったMFレナト・サンチェス、リールからアーセナルへ加わったFWニコラ・ペペ、バルセロナへ加入したFWアントワーヌ・グリーズマン、レアル・マドリードへ加入したFWルカ・ヨビッチ、FWエデン・アザールがまだインパクトを残せていない新戦力10名に選ばれている。

アザールが入るのは少々厳しいようにも思えるが、要求されているものが大きいということか。このリストに中島が入ってきているということは、中島にも特別な期待がかけられている証だ。名門ポルトを引っ張り、そして日本を2022カタールワールドカップ・ベスト8以上へ導くことが10番・中島に求められている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ