“ルカク2世”の呼び名はどこへ イタリアのヤングスターがプレミアで大苦戦

エヴァートンのキーン photo/Getty Images

想定とは異なるスタートに

今夏の移籍市場の中でも大きな注目を集めていた1人の若きFWがいる。

イタリアサッカー界の未来と期待される20歳のFWモイーズ・キーンだ。キーンはユヴェントスでも結果を出し始めていたが、今夏にイタリアを離れることになった。新天地となったのは、イングランドのエヴァートンだ。

エヴァートン加入当初は、ベルギー代表FWロメル・ルカクが活躍したクラブだったことから「ルカク2世」といった声がサポーターからも挙がっていた。ルカクほどサイズがあるわけではないが、キーンも馬力のあるパワフルなFWだ。エヴァートンに得点を量産できるストライカーが不足していたこともあり、キーンの加入はサポーターを興奮させることになった。

ところが、今はどうだろうか。チームはまさかの17位と大苦戦しており、キーンもポジションを確保できていない。ここまでリーグ戦で先発したのは僅か2試合で、まだ得点を決めることすらできていない。期待されていたものとは程遠いイングランド生活のスタートだ。

英『Squawka』もキーンの現状を心配しているが、チームを指揮するマルコ・シウバは今季何度かキーンを右のウイングとしてプレイさせている。同メディアはこれが合っていないと見ており、やはり得点を期待するならばセンターフォワード起用がベストだ。

エヴァートンはここまで11試合を戦って11得点と得点力不足に陥っており、今こそキーンの得点力を活かしたい。同メディアもセンターフォワードで勝負させる展開を期待しているようだが、マルコ・シウバはイタリアの若き至宝・キーンの能力を引き出せるだろうか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ