リヴァプールに“ユルギー・タイム”発動 ラスト10分間でゴール量産する粘り

粘り強さ披露するリヴァプール photo/Getty Images

負けそうになったところから蘇る

リヴァプールはいつからこれほど粘り強いチームになったのだろうか。今季のリヴァプールはリーグ戦で開幕から無敗を続けているが、全てが上手く進んでいるわけではない。いくつか負けそうになったゲームもあったのだが、終盤の驚異的な粘りでスコアをひっくり返してしまうのだ。

2日にはアストン・ヴィラを2-1で退けたが、このゲームも87分にDFアンドリュー・ロバートソンがゴールを決めるまで0-1とリードを許していた。土壇場で追いつくと、試合終了間際にはサディオ・マネがコーナーキックからヘディングシュートをねじ込んで逆転。奇跡的な大逆転劇で勝ち点3をもぎ取ってみせた。

米『ESPN』によると、この粘り強さに「ファーギー・タイム」ならぬ「ユルギー・タイム」といった言葉も出ているという。

ファーギー・タイムとは、名将アレックス・ファーガソン氏が指揮していた当時のマンチェスター・ユナイテッドが終盤に異様な粘り強さを披露するところから生まれた言葉だ。今のリヴァプールも終盤に驚異的な粘り強さを見せてくる。

昨季の開幕からリヴァプールはプレミアリーグの戦いでラスト10分間に計23ものゴールを決めている。これは同期間内ではリーグ最多の数字となっている。この粘りこそ昨季欧州王者に輝いたリヴァプールの強さの源ということだろうか。

SNS上では、「メンタル・モンスターだ」、「今はユルギー・タイムだ!」、「世界最高のチーム」と称える意見が出ている。単なるラッキーという意見もあるが、運を呼び込むのも実力の内と言えよう。

苦しみながらも未だに無敗。今季こそリヴァプールがプレミアリーグを制する時か。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!? 

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ