レアルでまさかのウイング“8番手”に 期待の20歳呑み込む強力ライバルたち

レアルのブラヒム・ディアス photo/Getty Images

白い巨人の壁は厚い

現在マジョルカにレンタル移籍している日本代表MF久保建英もそうだが、近年のレアル・マドリードは将来性ある若手選手の確保に力を注いできた。そのプロジェクトに合う選手として、今年1月にレアルがマンチェスター・シティから獲得したのが20歳のMFブラヒム・ディアスだ。

ディアスは足下の技術が高く、個の力で仕掛けられるアタッカーだ。サポーターからの評価も高い選手だったのだが、さすがにレアルの競争は厳しい。すでに退団話も浮上しており、英『Daily Mail』はディアスがウイングの中で実質的な8番手になっていると指摘する。

ディアスは左右両方のウイングを担当できる選手だが、左のウイングはエデン・アザールが1番手だ。右ウイングではガレス・ベイル、ここ最近評価を上げているブラジル人FWロドリゴ・ゴエス、そのライバルでもあるヴィニシウス・ジュニオール、攻守に走り回れるルーカス・バスケス、ハメス・ロドリゲスに加え、負傷離脱しているマルコ・アセンシオも指揮官ジネディーヌ・ジダンから信頼されている実力者だ。

ベイルやアセンシオ、ヴィニシウス、ロドリゴは左サイドに回すことも可能で、イスコを起用することもできる。前線はライバルで溢れ返っており、1度出遅れた選手がポジションを取り戻すのはかなり難しい。

ディアスも怪我で出遅れてしまったところがあり、それさえなければ状況が変わっていた可能性もある。この序盤戦でジダンにインパクトを与えたのは18歳のロドリゴで、今やロドリゴがウイングの貴重なバックアッパーとなってきている。

ディアスはこのまま埋もれてしまうのか。白い巨人でのチャレンジは希望通りには進んでいない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!? 

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ