セリエAの16クラブが興味を示す!? 38歳になってもスター・イブラは大人気

LAギャラクシーで活躍するイブラヒモビッチ photo/Getty Images

セリエA復帰案の話題続く

今季もMLSで得点を量産するLAギャラクシーのFWズラタン・イブラヒモビッチには、セリエA復帰案が頻繁に噂されている。パリ・サンジェルマンでも一緒に仕事をしたカルロ・アンチェロッティが指揮するナポリへ向かうのではないか、はたまたシニシャ・ミハイロビッチ率いるボローニャなど、38歳になってもイブラヒモビッチは大人気だ。

まだ噂の域を出ないが、イブラヒモビッチ獲得に興味を示すクラブはいくつあるのか。伊『Calciomercato』は、何とセリエAの16クラブがイブラヒモビッチ獲りに興味があると伝えている。セリエAは全20チームで構成されているため、ほとんどのクラブが関心を抱いていることになる。

もちろん関心を示したからといって、噂される全クラブが獲得に本腰を入れるとは限らない。あくまで興味の段階だ。それでも38歳のストライカーにこれほどのクラブが関心を示すとは驚きだ。

イブラヒモビッチはユヴェントス、インテル、ミランでセリエAの戦いを経験しており、本人もイタリアでの日々に強い思い入れがあるようだ。イブラヒモビッチの欧州復帰はビッグニュースとなること間違いなしで、ピッチ外での効果も期待できる。MLSでの好調ぶりや、ベテランになっても相変わらずの知名度を考えるとイブラヒモビッチ獲得に興味を示すクラブが出てくるのも当然だろう。

ちなみに、同メディアは関心を示していない残り4クラブはアタランタ、ミラン、ユヴェントス、インテルだと伝えている。果たしてイブラヒモビッチはどこでキャリアを続けることになるのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ