[日本代表]伊東純也が驚異の3アシスト “元レイソル”コンビの躍動でモンゴル粉砕

前半だけで3アシストを記録した伊東純也 photo/Getty Images 

右サイドの攻撃が機能

2022FIFAワールドカップのアジア2次予選が10月10日に行われ、グループFの日本代表とモンゴル代表が埼玉スタジアム2002で激突した。

キックオフからボールを支配した日本代表は、まず右サイドを起点にチャンスメイク。2分に同サイドを駆け上がったDF酒井宏樹がアーリークロスを送るも、敵陣ゴール前中央で反応したFW永井謙佑がオフサイドとの判定を受け、チャンスが潰えた。

日本代表はその後も右サイドバックの酒井と同サイドハーフで先発した伊東純也による“元.柏レイソル”コンビを中心に、同サイドを制圧。迎えた22分、酒井のスルーパスに反応した伊東が敵陣右サイドを切り裂くと、すかさずクロスを供給。ゴール前中央にポジションをとっていた南野拓実がヘディングシュートを放ち、先制ゴールを挙げた。

幸先の良いスタートを切った日本代表は、なおも攻撃の手を緩めず。29分にコーナーキックを得ると、中島翔哉が蹴ったボールにボランチの遠藤航がヘディングで反応。このシュートは相手GKアリウンボルド・バツァイハンに阻まれるも、こぼれ球を酒井が右足で押し込みにかかる。こちらもヒットしなかったものの、センターバックの吉田麻也がヘディングでこぼれ球を押し込み、追加点を挙げた。

33分には敵陣右サイドでボールをキープした伊東が南野とのワンツーパスで抜け出し、ペナルティエリアへ侵入。伊東のグラウンダークロスに左サイドバックの長友佑都が合わせ、日本代表のリードは3点に。40分にも酒井のヒールパスを受けた伊東が右サイドからダイレクトクロスを供給し、これが永井のヘディングによる得点に繋がった。日本代表は4ゴールを奪い前半を終える。

後半も引き続き日本代表がボールを支配。右サイドを起点とした攻撃でモンゴルゴールに迫ると、56分にコーナーキックをゲット。中島が蹴ったボールに遠藤がヘディングで反応し、日本代表に5点目をもたらした。

勝利をほぼ手中に収めた日本代表の森保一監督は、後半にDF安西幸輝、MF原口元気、FW鎌田大地の3名を投入。82分には鎌田が遠藤のミドルシュートのこぼれ球を押し込み、ゴールラッシュを締めくくった。試合はこのまま終了。エースの大迫勇也を欠いたなか、日本代表は伊東の3アシストの活躍などにより6-0の大勝を収めている。


[メンバー]
日本代表:権田、酒井(→安西 57)、冨安、吉田、長友、遠藤、柴崎、伊東、中島、南野(→鎌田 61)、永井(→原口 70)

モンゴル代表:アリウンボルド、トゥルバト、ドゥルグーン、ナルマンダフ、ダワージャブ、ビルグーン、ツェデンバル、ツェンドアユシュ、バルジニャム(→ジャンシェリク 78)、エンフビレグ(→ナランボルド 70)、ミジドルジ(→スンドルジ 87)

[スコア]
日本代表 6-0 モンゴル代表

[得点者]
日本代表:南野(22)、吉田(29)、長友(33)、永井(40)、遠藤(56)、鎌田(82)


●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ