スペイン代表に揃う2人のアンカー “NEXTブスケッツ”が図る本家との共存

ブスケッツとの共存に自信をのぞかせたロドリ photo/Getty Images

「全てが同じというわけではない」

現在、スペイン代表にはレギュラークラスのアンカーが2人いる。バルセロナのセルヒオ・ブスケッツとマンチェスター・シティのロドリだ。現在スペイン代表のロベルト・モレノ監督が敷く布陣は[4-3-3]が基本。ポジションが被る彼らは今のところ、交互に先発する機会が増えている。常勝軍団であるバルセロナを支えるブスケッツ、アトレティコ・マドリードで名を挙げ、スペイン国内ではそのブスケッツの後継者とまで呼ばれるようになったロドリ。どちらも優秀な選手なだけに、一方をベンチに置いておくのは少しもったいないのではないか。

当事者もそう感じているようで、スペイン『EL PAIS』のインタビューに登場したロドリがブスケッツとの共存について語っている。同選手はスペイン代表の歴史を見ても、似たタイプの選手が同時に出場して栄冠を掴み取ったことはあると主張し、次のように自身の見解を述べた。

「スペインは2010年にワールドカップで優勝した時も、2012年にユーロを制した時もブスケッツとシャビ・アロンソが同時に出場していた。ブスケッツは僕と似ているけど、全てが同じというわけではないよ。サッカーを同じように理解しているけれど、得意なものは別だ。互換性はあるけどね。代表チームには様々なタレントが集まっていて、フォーメーションもいろいろなものが組める。共存できるんじゃないかな。ダブルボランチを採用しているチームだってたくさんあるしね」

確かにかつてスペイン代表を率いたビセンテ・デル・ボスケ監督はブスケッツとシャビ・アロンソという2人の優秀なアンカーを同時にピッチに並べ、チームを頂点へと導いている。当時はそのダブルボランチがチームのアイデンティティと言っても過言ではないほどに機能していた。ロドリはその伝統を踏襲しながら、再び最強チームを作ろうと目論んでいるようだ。ロドリはアトレティコ時代にはダブルボランチでプレイしており、ブスケッツも前述の通りシャビ・アロンソとコンビを組んだ経験がある。案外このコンビはすんなりチームに溶け込むかもしれない。

はたして今後、モレノ監督がこの優秀な2人のMFを同時起用することはあるのか。オプションの一つとしてでも、試してみる価値はありそうだが。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ